誰でも年齢を重ねると、体形維持の厳しさは実感しますね。食事制限で低炭水化物ダイエットを行ったり、ウオーキングしたりジムに通ったりなど、本当に大変です。特に女性の場合、子供を産むたびに体が大きく膨らんだり、更年期でホルモンのバランスが崩れたりして、どうしようもない自分の体をもてあましている人も多いのではないでしょうか?
そこで私がお勧めしたいのが、「京都のおばんざい」です。きっかけは、「ホンマでっか!?TV」に登場した70代のモデルさんが言われた「痩せたければ、冷や飯を食べなさい」という言葉です。はっきり言って驚きました。知らず知らずのうちに私自身が実践していたのです。この冷や飯ダイエットは、ご存知の人も多いと思われますが、効果てきめんです。御飯が冷えたことで、消化しやすいでんぷんが「難消化性でんぷん」に変化し、腸内で脂肪が燃焼する仕組みです。
効果としては ⓵便秘の解消 ⓶糖質や脂肪の吸収を抑える働きがある ⓷エネルギーになりにくく(時間がかかるため)血糖値の上昇を防ぐ働きがある、とよいことづくめです。
実は、本人も気づかないないうちに実践してしまっていたのです。ある年の11月、紅葉の美しい京都に一人で京都在住の友達に会いに行きました。一日歩き疲れてその友達と別れた後、夜ホテルのレストランに入るのもどうかなと思い、デパートの地下で和食レストランが作った2段重ねのおばんざいセットを2割引で買いました。ホテルに戻るとすでに9時を過ぎていたのでホテルのサービスを受けるのも気が引けて、ご飯を温めずに食べました。ものすごく冷たくて、体がどんどん冷やされました。おばんざいは冷めてもおいしかったのですが、冷や飯はもう残そうかとも思いましたが、いくら割引されていても勿体ないので我慢して食べました。翌朝、朝食バイキングに行きたいのに体が動きません。12時にチェックアクトしないといけないのに動けません。フロントに電話すると体調が回復するまで使ってよいとのこと。安心したもののやはりこれ以上迷惑はかけられないと、ゆっくり起き上がり服を着ようとしたら・・・・スカートがぶかぶかで着られません。ずれ落ちます。頭が急に冴え、急いで用意をし、近くのデパートの洋服売り場に駆け込みました。店の人が持って来てくれたスカートがうまく入った。鏡に映る姿がウウン?細いくびれがある!
「これ何号ですか?」「7号ですが」「エッ?私いつもは11号なんですけど・・・・」
その出来事から早7年がたっていますが、さすがに洋服サイズは9号ですが一応くびれは健在です。恐らく身体の中に素晴らしい腸内細菌ができたのではないかと思います。
最後に、冷や飯のレシピが載っている雑誌に「冷や汁」や「おにぎり」などありますが、やはりお勧めは、御飯がまずくてもおかずで満足できる「おばんざい」が一番のお勧めです。皆さんお試しあれ。

 

今注目の黒ずみケアクリーム ⇒ イビサクリーム最安値36%offキャンペーン中!?